令和3年度「曽我どんの傘焼き」

〜 7月17日 南洲神社境内で実施 〜

 今年もコロナ禍のため大々的な傘焼きは実施できず、昨年に引き続き、南洲神社の境内を借りて神事のみ開催となりました。

 つい先日、静岡で豪雨災害がありました。
「曽我どんの傘焼き」は、先人たちから受け継いできた曽我の雨、祟りの雨を鎮める行事でもあります。
天の怒りを鎮め、これ以上豪雨災害が起こらないようにとの気持ちをこめて神事を実施しました。

その後、1本だけ傘を焼きながら曽我兄弟の歌「狩場の嵐」のうたいあげを実施いたしました。

令和3年石橋記念公園「曽我どんの傘焼き」

令和3年度「曽我どんの傘焼き」

令和2年度「曽我どんの傘焼き」

令和元年度「曽我どんの傘焼き」

30年度「曽我どんの傘焼き」

29年度は台風のため中止

28年度「曽我どんの傘焼き」

27年度「曽我どんの傘焼き」

26年度「曽我どんの傘焼き」

23年度「曽我どんの傘焼き」

21年度「曽我どんの傘焼き」

20年度「曽我どんの傘焼き」

19年度「曽我どんの傘焼き」

18年度「曽我どんの傘焼き」

17年度「曽我どんの傘焼き」

16年度「曽我どんの傘焼き」

15年度「曽我どんの傘焼き」

14年度「曽我どんの傘焼き」

鹿児島三大行事保存会(曽我どんの傘焼き)ホームページ