曽我どんの傘焼き

平成15年7月26日、甲突川河畔にて鹿児島三大行事保存会による「曽我どんの傘焼き」が行われました。

当日は天候にも恵まれ、待ちこがれた多くの市民が参加されました。

河原に、彩りも鮮やかな和傘のやぐらが出現。
岐阜県和傘振興会の御協力により今年も沢山の傘が集まりました。
傘焼きの前に、剣舞や示現流の皆様の演舞が披露されました。
そして、暗闇迫るころやぐらの周りに、へこ(フンドシ)姿のニセや稚児が集まるといよいよ傘焼きが始まります。
やぐらに火が放たれると同時に一気に燃え上がり、瞬く間に炎につつまれ、あたりは灼熱の世界へと変貌しました。
ニセや稚児は降り落ちる火の粉に ひるむことなく勇猛果敢に炎に向かって傘を投げ込みました。

28年度「曽我どんの傘焼き」

27年度「曽我どんの傘焼き」

26年度「曽我どんの傘焼き」

23年度「曽我どんの傘焼き」

21年度「曽我どんの傘焼き」

20年度「曽我どんの傘焼き」

19年度「曽我どんの傘焼き」

18年度「曽我どんの傘焼き」

17年度「曽我どんの傘焼き」

16年度「曽我どんの傘焼き」

15年度「曽我どんの傘焼き」

14年度「曽我どんの傘焼き」

鹿児島三大行事保存会(曽我どんの傘焼き)ホームページ