曽我どんの傘焼き

鹿児島三大行事の一つ曽我どんの傘焼きが7月24日に甲突川河畔で行われました。

突如現れた傘のやぐらに人々も足を止めて火が放たれるのを今や遅しと待ちました。

傘のやぐらのむこうに今年の夏から動き始める鹿児島中央駅の大観覧車が見えます。 剣舞〈薩摩神刀館〉や薬丸野刀自顕流の皆様が傘焼きを盛り上げてくださいます。

 

 

火が放たれると、やぐらは瞬く間に炎に包まれ、対岸で見物している人々のところまでその熱風が届きます。
炎の高さは10メートルを超え、川面に映る炎がまた幻想的な雰囲気をつくりだします。

28年度「曽我どんの傘焼き」

27年度「曽我どんの傘焼き」

26年度「曽我どんの傘焼き」

23年度「曽我どんの傘焼き」

21年度「曽我どんの傘焼き」

20年度「曽我どんの傘焼き」

19年度「曽我どんの傘焼き」

18年度「曽我どんの傘焼き」

17年度「曽我どんの傘焼き」

16年度「曽我どんの傘焼き」

15年度「曽我どんの傘焼き」

14年度「曽我どんの傘焼き」

鹿児島三大行事保存会(曽我どんの傘焼き)ホームページ