「曽我どんの傘焼き」行事

7月19日。甲突川の中州に20メートル四方の土の台座が出現した。

赤い陣羽織を着たニセ衆が朝早くから、傘のやぐらを組み立てはじめた。
ついに、「曽我どんの傘焼き」行事当日を迎えた。

道行く人々から「あら、もうそげな時期けぇ〜」とか「なつかしなぁ〜」と言った声がかかる。
また、観光客の方からも「なんですか?」との声。
制作途中の手をやすめて、いわれなどを話す。
見知らぬ方々と「傘焼き」を通じてふれあうことができた。

「曽我どん傘焼き」とは、建久4年5月28日曽我兄弟が父の仇討ちをはたした。その時、傘に火をともし松明代わりに用いた。とうい故事に由来する。

父の仇を討つまで18年。その間父への思いを絶やさず、目的を成し遂げたと言うことで、薩摩独特の「郷中教育」の中で親への『孝』を教える題材として取り入れられた。
旧暦の5月28日が近づくと、稚児たちは各家々から古くなった唐傘を貰い集め、甲突川や磯ん浜のあちこちに郷毎に持ち寄り、辺りが闇に閉ざされる頃火を放ったと聞く。

当日は、まだ明るいうちから人々が集まりだし、プレイベントの「和灯り幻想」や「リバーサイドコンサート」を楽しんだ。
川の中州に作られた台座では、薩摩琵琶弾奏、剣舞それに薩摩に伝わる薬丸野太刀自顕流が披露され傘焼きへの気分を高揚させた。

やがて、辺りに宵闇が迫りはじめた頃、白い締め込み姿のニセ(青年)や稚児(子供)衆が、曽我兄弟の歌「狩り場の嵐」を歌いながら南州橋を渡りはじめた。
川岸を進むニセと稚児衆の手には「たいまつ」が握られていた。
間もなく約7メートルの高さに積み上げられた傘のやぐらの前に着いた締め込み衆は「うたいあげ」を行い気合いを入れる。会場からも盛んに声がかかる。

ついに、やぐらに火を放つ時が来た。
天上部分から一瞬白い煙がモクモクと上がったかと思うと、一気に炎が天空へと吹き上げた。
またたくまに、燃えるような熱風が顔に降り注ぐ。会場からは「おっぉ〜」という地響きにも似た歓声が起きた。
炎は瞬く間に傘のやぐら全体を包み、竹のはじける音と共に焼け落ちた。
締め込み姿のニセや稚児衆は、さらに傘を広げて炎の海へと突進する。
火の粉が舞う、熱風が襲う、締め込み衆は川の水をかぶりながら、幾度も炎の中に突進していた。

やがて、炎は燃え尽き、辺りに静寂な闇が戻ってきた。

鹿児島に、熱い暑い夏がやってくる。

 

お願い

 例年行っている傘焼き行事ですが、傘焼きに用いる和傘が不足しております。
例年300本〜400本ほど使用して参りましたが、本年度は200本ほどで実施しました。
 岐阜市和傘振興会からご提供頂いています傘も残りすくなく、このままでは行事の実施も危ぶまれる状況です。
 そこで、ご家庭等に不要となりました和傘が御座いましたらご提供頂ければと思います。
ご協力よろしくお願い致します。

        鹿児島三大行事「曽我どんの傘焼き」保存会
             Tel   099-238-0301 パールランド病院内
             mail   mail@pearlland.or.jp

28年度「曽我どんの傘焼き」

27年度「曽我どんの傘焼き」

26年度「曽我どんの傘焼き」

23年度「曽我どんの傘焼き」

21年度「曽我どんの傘焼き」

20年度「曽我どんの傘焼き」

19年度「曽我どんの傘焼き」

18年度「曽我どんの傘焼き」

17年度「曽我どんの傘焼き」

16年度「曽我どんの傘焼き」

15年度「曽我どんの傘焼き」

14年度「曽我どんの傘焼き」

鹿児島三大行事保存会(曽我どんの傘焼き)ホームページ