令和元年度「曽我どんの傘焼き」

 

 令和最初の「傘焼き」は会場を変えて、磯海水浴場において実施いたしました。

 鹿児島のシンボル雄大な桜島を望む会場に気持ちも昂ります。
 今年は、大幅に規模を縮小しての開催となりましたので、「神事」や「うたいあげ」も観覧者を交えて全員参加のものとなりました。

 「傘焼き」に先立ち、例年参加していただいている「薩摩神刀館館」の剣舞、「薬丸野太刀自顕流保存会」の演武が奉納されました。

 あたりもすっかり闇に閉ざされたころ傘に火が放たれました。
今年は、僅か5本のみの傘に点火となりましたが、少ないからこそ一つ一つの炎に魂を感じました。
傘が燃え尽きて残り火だけになってもその余韻に浸たり、例年以上に感慨深い傘焼きとなりました。

令和元年度「曽我どんの傘焼き」

30年度「曽我どんの傘焼き」

29年度は台風のため中止

28年度「曽我どんの傘焼き」

27年度「曽我どんの傘焼き」

26年度「曽我どんの傘焼き」

23年度「曽我どんの傘焼き」

21年度「曽我どんの傘焼き」

20年度「曽我どんの傘焼き」

19年度「曽我どんの傘焼き」

18年度「曽我どんの傘焼き」

17年度「曽我どんの傘焼き」

16年度「曽我どんの傘焼き」

15年度「曽我どんの傘焼き」

14年度「曽我どんの傘焼き」

鹿児島三大行事保存会(曽我どんの傘焼き)ホームページ